よくある質問

下記によくある質問をまとめていますのでご参考にして頂ければと思います。もし不明な点や聞いておきたいことがありましたらこちらの入学のご相談からお問い合わせ可能ですのでお気軽にご連絡ください。

キャンパス内に売店がございます。

【Premium Resortキャンパス】
Premium Resortキャンパスの売店ではお菓子やジュース、酒類、カップラーメン、トイレットペーパーなどを購入可能です。
・営業時間:平日9時〜18時

有料とはなりますが、以下のものを両キャンパスでレンタル可能です。ご希望の方はお申し込み時など事前にご連絡頂くか、現地オフィスでもお申し込み可能です。なお、全てのレンタル品は数に限りがございますので、レンタルできない場合がございます。あらかじめご了承ください。
レンタル品のリストと価格はお申し込み後に送付させて頂く「留学サポートガイド」にも記載しております。

  • ドライヤー
  • 延長コード
  • ポケットWiFi

レンタル品は最終授業日にお返しいただきます。

毎日午前1時が門限となっています。ただし、特に夜間は海外であることを忘れずに油断せず気を引き締めて行動するようお願いします。

24時間警備員が常駐し見回りを行っています。また、キャンパス内には防犯カメラが設置してありガードマンが監視しています。

日本人スタッフがキャンパス内に滞在しておりますので、困った時にはすぐにご相談ください。当校はジャパニーズヘルプデスクと提携しており、学生様の体調が悪い場合は即座に連携して対応致します。

日本と同じAタイプになるため、変換プラグなどは不要でそのまま使用可能です。ただし、電圧については日本の100Vと異なり、フィリピンでは220Vになります。この場合、お使いの機器が220Vに対応している必要がありますので使用前に必ずご確認頂ますようお願い致します。機器の電源アダプタなどに対応電圧の記載があります。

各お部屋に鍵付きのセキュリティボックスが備え付けされておりますのでこちらを使用頂くか、ご自身のスーツケースに鍵をして保管するようお願い致します。重品は自己管理とし、当校では一切責任を負いかねますので必ず各自で管理するようお願い致します。

日本食、韓国料理、フィリピン料理などが中心となります。日本食レストランで長年の勤務経歴を持つシェフが監修し提供しているため、日本人の口に合うバランスの取れた食事メニューで留学中の食生活も安心です。

お部屋のクリーニングは定期的に学校クリーナーが行います。また、ランドリーサービスを提供しており、洗濯物をランドリーに預けて頂ければ洗って乾かした状態でお返し致します。これらは全て無料でご利用頂けるサービスです。

はい、お湯のシャワーを使用可能です。また、キャンパス内の数カ所に設置してあるウォーターサーバーにてお湯をご利用頂けます。ウォーターサーバーは冷たいお水と、カップラーメン用のお湯として使えるぐらいの熱いお湯の両方をご利用頂けます。

有料とはなりますが、平日の空き時間や土日祝日に授業を追加可能です。お申し込みはご出発前に事前に当校にご連絡頂くか、もしくは現地にて授業を追加したい日の3日前までにオフィスにて受付けております。
また、オリエンテーション日の午後に授業を追加可能です。ご希望の場合、時間の関係でショッピングに行けないことがありますのでご了承ください。初日、前泊時の追加授業に関しては入学前に事前にお申し込みください。追加授業にお支払いは全て現地で行って頂く形になります。

教科書は入学日に実施するテスト結果によって各コースごとに学生のレベルに合わせたものをご用意いたします。ただし、お渡しした後に内容がレべルに合わないようであれば、教科書内に書き込みがない場合は違うレベルのものと交換可能です。そのため、教科書に書き込んで使いはじめる前に教科書の内容を確認して頂くようお願い致します。なお、教科書の変更可能期間は以下の通り留学期間によって異なりますのでご注意ください。
・留学期間が2週間以内の方:入学週の水曜日までにオフィスにて申請
・留学期間が3週間以上の方:入学週の金曜日までにオフィスにて申請

各コースの内容はこちらのカリキュラムページにまとめていますのでご確認ください。

その時の空き室状況や講師の手配状況によって変わりますが、可能な場合もございます。まずは現地オフィスにてご相談ください。ただし、コース変更およびキャンパス変更は講師の再手配をはじめお部屋の再手配も必要となるため差額と以下の変更手数料がかかります。

  • コース変更手数料・・・US$100
  • ・キャンパス変更手数料・・・US$300

上記の費用は、お部屋の確保・準備、講師の再手配のために発生致します。ご了承頂ますようお願い致します。

講師のスケジュール状況によっては可能な場合がございます。まずは現地オフィスにてご相談ください。なお、変更リクエストはスケジュール再構成のために毎週月曜日〜水曜日の間に行って頂いた場合は翌週の月曜日から適用可能となります。木曜日、金曜日にリクエストした場合は、翌々週の月曜日からの適用となります。
※ 変更はほかの生徒のスケジュールによりご希望に添えない場合もございますので、ご了承願います。

可能です。オーダーメイド型となっており、学生様とご相談の上の学習内容を決定します。例えばスピーキングを徹底して鍛えたい方は全ての科目をスピーキングにすることも可能です。
(例)GrammarからSpeakingに変更(足りない教科書は買い足し可能)
  また、スペシャルコースの教科をレギュラーコースの教科に一部変更も可能ですが、その逆(レギュラーコース内容→スペシャルコース内容)はお受けできません。また、差額分の返金はございません。レギュラーコースとスペシャルコースについてはカリキュラムページに記載していますのでご確認ください。

各学生様の状況や当校の予約状況によって変わりますので一度現地オフィスにてご相談下さい。

現地に日本人スタッフもおりますのでなんでもお気軽にご相談ください。また、ご出発前でも不安なことがありましたらいつでもご連絡ください。

ほとんどの方にとって気になることはないでしょう。フィリピン人英語講師は、大変聞き取りやすいスラングのないアメリカ英語を話すのが特徴です。また、講師は定期的に講師トレーニングを受けています。さらに月に一回の評価テストや実際の授業評価、定期面接等で常に講師スキルの維持・向上を目指しています。

ご出発前にセブ空港到着日時をお知らせ頂ければ、空港までお迎えに上がります。(到着日時に関わらずお1人様500ペソ)空港から学校まで車で20〜30分ほどです。ピックアップは一人一人ではなく、同時刻に到着される他の学生と一緒にスタッフが学校までお連れします。そのため混み合っている場合は空港でお待ちいただくこともございますので、予めご了承ください。
また、お帰りの際は、タクシーをご利用願います。
*親子留学、18歳以下の未成年単身留学、シニア留学の方は復路空港送迎サービスをご利用頂けます。詳しくはオプションサービスをご確認ください。

入寮日は原則日曜日となるため、日曜日にセブに到着する飛行機をご予約ください。また、退寮日は土曜日(12時退室)となります。延泊、前泊をご希望の場合は、お部屋の使用状況により利用可能かが変わりますのでご出発前に自前にメールにてご相談頂ますようお願い致します。

もちろん大丈夫です。全く問題ありません。これまで英語に全く触れたこなかった方も多く留学されています。困ったことがあっても、日本人スタッフがサポート致しますのでご安心ください。

セブは観光およびビジネスで多くの外国人が訪れる場所で、特に当校の両キャンパスがあるマクタン島は高級リゾートホテルも多く特にご不安になられる必要はありません。ただし、海外であることは忘れず気を引き締めて行動し、基本的な注意事項はお守りください。

プラグに関しては日本と同じAタイプになるため、変換プラグなどは不要でそのまま使用可能です。ただし、電圧に関しては日本は100V、フィリピンは220Vと電圧が異なるため使えない場合があります。この場合、お使いの機器が220Vに対応している必要がありますので使用前に必ずご確認頂ますようお願い致します。機器の電源アダプタなどに対応電圧の記載があります。最近のノートパソコンやスマートフォンは対応しているものが多いです。
電圧が対応していないものは変圧器が必要になります。特にドライヤーなどは対応していない場合が多いため、事前にご確認することをお勧めいたします、なお、有料とはなりますが、ドライヤーは学校にてレンタルしておりますので必要な方は事前にご相談頂くか、現地オフィスにてお申し込みください。ただし、数に限りがありますのでレンタルできない場合もございます。あらかじめご了承ください。

使えます。ただ、日本の携帯電話をそのまま使用すると通話料が高額になる場合があるため、緊急時以外は使わないことをお勧めします。現地では比較的安い価格(1000円〜3000円程度)で携帯電話が販売されており、プリペイド式でしたら簡単に購入できます。短期留学の方向けに学校にてレンタルもしております。

お申し込み後にお送りする「留学サポートガイド」に持ち物リストをご用意しておりますのでぜひご覧ください。重要な持ち物をはじめ、日用品などについてまとめています。特に重要なものは以下になります。

  • パスポート
  • 航空券、またはEチケットをコピーしたもの
  • 海外旅行保険証
  • 現金、クレジットカードなど
  • 証明写真(5cm×5cmを5枚)

留学の流れに留学までのお手続きや必要な手順をまとめていますのでご覧ください。

各お部屋でWiFiや有線ネットワークを使用することはできません。各キャンパス内にあるWiFiスポットをご利用頂くか、ポケットWiFiを有料レンタルしておりますのでご検討ください。

お部屋内は火気厳禁となり料理はできませんのでご了承ください。

2人部屋、3人部屋の相部屋の場合は、当然ながら他の学生様との共同生活となります。そのため自分の好きなようになんでもできるわけではありません。クーラーが苦手な場合、夜の就寝時間など自分の都合に合わせたい方は1人部屋をお勧めします。(ただし、18歳以下の1人部屋利用は不可としています)。相部屋の場合、ルームメイトとなる学生様の国籍は入寮までお答えできかねます。また、2名お申し込みで3人部屋同室希望はお受け出来かねますのでご了承ください。